かに 産地

産地の違いに注意

かには種類がたくさんあることは先ほども述べましたが、産地も皆さんが思っている以上にあります。
捕れるかにの種類は場所によって限定もされていますし、捕れる場所によってかにのブランドが付いている場合もあります。

 

日本で一番有名なかにの産地といえば北海道があがりますね。
日本国内で一番かにの水揚げ量が多いのも北海道ですから間違いはありませんが、流通しているかにの多くはロシア産であることが意外と知られていないようです。値段にも大きく関わってきますから、日本の産地なのかロシア産なのかよく確かめてみると良いでしょう。

 

よく食べるズワイガニというのは、日本海側でしか取れないそうで、太平洋側でとれたり富山県でとれたりするので有名なのは紅ズワイガニという、少しズワイガニよりも質の落ちるかになのだそうです。
ズワイガニと紅ズワイガニを間違えて買ってしまう人もいますから、よく気をつけましょう。

 

また、駿河湾でよくとれる高足ガニというかにもいますが、高足ガニ、紅ズワイガニ、ズワイガニを全てズワイガニと言ってしまう場合もあるそうですから、本当はどの種類なのか確かめてみる必要がありますね。
先ほど記した地域ブランドについては、福井県でとれたズワイガニのことを越前ガニといったり、山陰産のものを松葉ガニという名で売り出していたりします。
日本ではサワガニ、ワタリガニといった小さなカニを食する習慣がありますが、これは海ではなく淡水に生息するかにになります。

かにの産地関連ページ

激安かにとは
インターネットでかにを激安で販売しているところが増えてきました。こういうのを上手く利用してかにをたくさん食べましょう。
かにの選び方
かにを買う時にどの点を注意して買えばいいのか、かにの選び方について解説しています。
外国産のかに
国産物のかにの方が美味しいのではないかと思いがちですが、外国産のかにの方が美味しい場合があります。

ホーム 匠本舗 北国からの贈り物 浜海道 かにまみれ